段飾り出し方・しまい方

~出すとき~

南雲段飾りの皐月人形と雛人形は、共に専用の桐箱に収められています。
それぞれのお人形や付属品は全て白い紙に包まれていますが、この紙や空間を埋めていた詰め紙、段を包んでいたエアキャップ(プチプチ)は捨てずに桐箱の中に入れ、しまう日まで保管しておいてください

~しまうとき~

①刷毛などでお人形についた埃を落とします
②保管しておいた白い紙にお人形を一体ずつ包みます
③飾り段の内側に収納していきます(同封された写真を参考になさってください)
④全てのお人形が収められた状態で、段をエアキャップ(プチプチ)で巻いてください。
※飾り段を傷つけないためと、桐箱に収納する時(そして翌年出す時)に巻いてある方が扱いやすいためです。
⑤全て桐箱に収納し、隙間に詰め紙をしたら完了です。来年まで大切に保管してください。
お人形のお手入れについてはこちらもご覧ください。

段飾り人形のしまい方ガイド

※収納時の注意点

必ず、段の低い方(1段目)を手前にしてください。
高い方(3段もしくは2段目)を手前にした場合、蓋が開きにくくなる場合があります。

~桐箱の蓋が開かなくなってしまったら~

蓋が開かなくなってしまう原因は、飾り台の背面にあるフック(屏風を差し込む部分)が桐箱内で斜めに引っかかっているものと思われます。もしも引っかかってしまい、蓋が開かなくなった時は下記をお試しください。

桐箱の蓋が開かないとき

上記をお試しいただいても開かない場合は、南雲までご連絡ください。

お問い合せ・ご相談は「専用のお問い合せメール」をご利用いただくと便利です。

画面右下にありますメールマークをクリック(スマートフォンの方はタップ)していただきますと、お問い合せ専用画面が出ます。お名前・お客様のメールアドレス・お問い合せ内容をご記入し、送信してください。

※メールマーク見本(このマークがページ右下に出ています。)
お問い合せ